夫婦2人の老後のため

東京都文京区のAさんは、8年前、自宅の老朽化にともない建て替えを行った。その時点で家族は夫婦2人と大学生の娘さん。ご夫妻には他に長男のHさんもいる。医学の道に進み、アメリカ留学中という自慢の息子さんである。ところがAさんによれば、「この息子が悩みの種」なのだとおっやる。「留学を終えた後、どうするつもりなのかさっぱりわからないのですよ。日本に帰ってくるというのなら、二世帯住宅でも建てて待てばいいのだろうが、そのままアメリカに残る可能性もあるというのだから」娘さんにはすでに交際中の男性がいる。遠くからず結婚して出ていくだろう。二世帯住宅など建てても、肝心の長男がアメリカ暮らしでは意味がない。そんなことになるくらいなら、最初から「夫婦2人の老後のため」と割り切って、趣味を楽しむ家にしたい。2人とも音楽を聴いたり、映画を観るのが好きだから、思い切ってカラオケも歌えるマルチメディアールームをつくりたい。奥さんが絵を描くためのアトリエもほしい。「しかしねえ、帰ってこないと決まったものでもない。帰国すれば同居してもいいなんて言うこともあるのですよ」それまで住んでいた家はかなり傷んでいたため、いつまでも待っているわけにはいかなかった。まだ元気で、経済的にも体力的にも余力のあるうちに建て替え、安心して老後を迎えたいというのがご夫妻の希望である。さて、どうするか。例のマジックードアで仕切る「二世帯含み住宅」も1法ではある。しかし、Hさんが帰国しなかった場合、サブ玄関やサプーキッチンがまるまる無駄になってしまう。当面は夫婦の趣味の部屋として使い、必要になったら最小限の手を入れるだけで2世帯同居住宅に改造できる方法はないものか。私は日頃の発想を転換することにした。ご承知のとおり、私は本来、外階段否定派である。ひと頃、流行したような完全分離型の2世帯住宅、つまり、外階段を上がったところに2階専用の玄関があるようなプランは極力、避けるようにしている。Bさんの家では外階段を使ってみようと考えた。当面はHさんが帰国しない前提で、普通の一戸建ての家にする。ただし、2階に小さなバルコニーを設置しておくところがポイントだ。このバルコニー経由でも外から出入りできるように、小さな勝手口と外階段をつけておいたのである。弘道さんが帰国し、結婚して同居することになったら、その勝手口を若夫婦専用のサブ玄関として使えるはずだ。バルコニーを別にすれば、後はごく普通の2階である。小さな浴室とトイレはあるが、キッチンはなく、個室が4つと納戸があるだけ。Hさんが帰らない場合は、その1つを主寝室として使い、残りの1つは、娘さんが結婚するまで使う部屋。あとの2部屋を趣味の部屋として使う。一方、Hさんが同居する場合は、親夫婦が寝室を1階の和室に移すことで、2階をほぼ丸ごと若夫婦に提供することができます。

建築からみる各地方の特色あなたは沖縄に旅行に行ったことがありますか?もし沖縄に興味のある方なら、沖縄独特の平屋の赤瓦の家を写真や映像で見たことがあると思います。なぜ沖縄の家は、日本古来の住宅と違う建築方法で家が建てられているのでしょう。沖縄の家は住宅の周りをグルッと囲うようにフクギという木が植栽されており、フクギを並べて植栽することで、台風の強烈な風雨を防げるのです。古民家には、外からの視線を遮るための石垣とは別に、ヒンプン(屏風)と呼ばれる仕切りがあります。これは中国の「屏風門」を取り入れたものとされており、門の内外を仕切る役割を果たしているほかに、風水学でいう魔除けにもなっているとのことです。・・こちらのウェブページでは、そういった各地方の特色ある家の建築についてご紹介しています。建築に興味のある方、ご当地情報がお好きな方はコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>